エストニア・タリン便り_2011.06.21


はじめまして。エストニア・タリン市で設計事務所 Hayashi Grossschmidt Arhitektuur をやってます、ハヤシ・トモミと申します。みなさんにはあまりぴんとこない場所だと思いますが、これからしばらくの間、ブログを通して僕らがやってることや生活などいろいろ紹介していきたいと思います。質問や要望などありましたらぜひ連絡ください。


エストニアの国旗 (青、黒、白)

エストニアの場所。薄緑色はEU(2004年に加盟)で、今年1月からはユーロも導入されました。1918-91の間はソ連邦内の一共和国でした

 

タリン市の場所。バルト海に面するハンザ同盟の都市として栄えました。言葉や民族的にも近い海の向こうのフィンランド。首都ヘルシンキには高速フェリーで1時間半でつけます。

このユニコーンのブログに掲載中のベルギー在住の鈴木さんの情報と比較できれば面白いと思い、少し地理的な情報を載せました。このエストニアの気候は、日本でいうと北海道のようだと聞きます。夏はすごしやすく、冬は零下20度を超える日もあります。この緯度(北緯59度)のため、6月の夏至に向けては「白夜」が訪れ、いまは夜中でもこのような眺めが楽しめます。

海の向こうからやってくるフェリーの明かり。近所の浜辺を散歩したときの風景です。
今年の冬は雪がなかなか解けない寒さの厳しいものでしたが、5月からは打って変わったかのように気持ちのいい日々に恵まれています。しばらくは、エストニア人たちと一緒に、この短い夏を楽しみたいと思います。


アーカイブ

カテゴリー

スポンサーリンク

積水ハウス 土新建材
キーテック クリエーションバウマン
晨 大光電機
ハセベ アトムカンパニー
ニュースト タニタハウジングウェア
Copyright2017:unicorn-support