学部四年講評会


学部四年のデザインスタジオ第一課題の最終講評が行われました。

IMG_6744-thumb-7438x3058-2825
5/18、パワープラントにて四年生最初の先生としてお招きしているトム・ヘネガンから出されていた課題の最終講評がありました。
講評はトムさんをはじめ、エスキスを見てくれていた大西さん、中川さんと西沢さんという四人の建築家に加え、YGSAの学生四人ほども交えて3時間ほど。
出されていた課題は中央区にある佃というとても素敵な小さな町の川沿い建て替え計画で、銭湯や漁師会館、市場などかなり複合的なみんなの家のような場をつくるものでした。
トムさんのハッピーなキャラクターから繰り出される言葉の数々は、エスキスや講評を通して、建築の面白さを感じながら日々建築を考えることのできる一ヶ月は、もう一度初心に立ち返るような作業にもなったのかなーと思います。
元倉真琴さんをお呼びする次の課題「10000m2」も、頑張ります!
文 学部4年 石井優希

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーリンク

積水ハウス 土新建材
キーテック クリエーションバウマン
晨 大光電機
ハセベ アトムカンパニー
ニュースト タニタハウジングウェア
Copyright2017:unicorn-support